FC2ブログ

思考停止

2J3A8596.jpg
2018.3.28 神戸電鉄有馬線 長田

当然ながら、日本人が春といえば?と問われてまず連想するのは桜。

私も無論その一人で、毎年春のたびに桜と電車の写真を量産してきたわけですが、とある方が「桜以外に春らしい題材を思いつかないのか」とぼやいているのを見てハッとさせられました。冷静に考えてみると確かに春の写真といえば桜か新緑の二択になりがちで、毎年毎年同じ組み合わせを撮るのは馬鹿の一つ覚えと言われても仕方ない…

以来、桜"以外"で季節感を出せないか、というのがこの季節の課題としてつきまとっています。まあ結局桜の写真は撮ってるんですが、ここ数年通っていた神鉄長田もご覧のとおり間伐されて間抜けな感じなのでいずれにしても新たなモチーフを探す必要はありそうです。。
スポンサーサイト

葬式鉄はうんたらかんたら

2J3A0846.jpg
2018.12.21 和歌山線 布施屋-紀伊小倉

長らく冬の恒例行事となっていた434Mの撮影ですが、とくに近年喫緊の課題となっていたのが紀伊小倉界隈のストレート。
側面に日が回る時期が冬至前後の1ヶ月と非常に短く、幾度もロケハンを重ねたものの予報がアテにならない天気や突発的な車両交換といった冬の和歌山線特有の罠にハマりラストシーズンまで履修が叶わなかった難所でした。

この日の組成はW編成のバスクーラー同士。数で言えば最もオーソドックスな組み合わせですが、それ狙いで運用を追っていくと霜取り車やAU75、果ては黒サッシとあらゆる邪魔が入って全然組んでくれず、これまた最後の最後まで持ち越す羽目になりました。

以前は「105を撮りに行く」なんて言うと奇特な目で見られたものですが、最近ではツイッターで新たなミホジャが出た次の日には大パニック…みたいな事がザラのようでなんとも言えない気持ちになっています。自治したくなるのもわかります
残る課題は田植え後の大和新庄くらいですが、色々な意味でもはやマトモに撮れるような状況では無さそうなのでこれでお別れとなりそうです。さらば我が青春…

合掌

2J3A8724.jpg
2018.4.13 神戸電鉄有馬線 谷上-花山

1075編成がループ運用専属となって早1年、実質的に唯一の前パン4連としてにわかに注目が集まっている1373編成。

神戸高速線50周年のヘッドマークに引き続き秋恒例のパーミル会看板の掲出対象となり、秋雨前線が遠のき日が低くなる10月を待ちバシバシ記録していこうとアップを始めていた矢先でしたが、なんとこのタイミングで方向幕交換の対象となってしまいました。
新調された方向幕は英字併記。山電3000系と同じような物だと思えば良いのかもしれませんが、従来と比べるとあまりに違和感が大きく接近戦を挑むにはかなり抵抗がある問題の代物。今後はイメージカットや遠景をメインに付き合っていこうと思いますが、まだまだ線路際からのアングルで撮りたい場所が多かっただけに無念でなりません。。

朱色1号

2J3A9370.jpg
2018.8.3 湖西線 マキノ-永原

今夏の関西での一番のネタとなった?201系の湖西線試運転。電力測定か何かのために走ったそうですが、ともあれ非日常的なシーンを求め多くの撮影者で賑わっていました。

普段色物に興味のない私も201系大好き小僧の血が騒ぎ最終日に参戦、朝方に車で拾ってもらいまずは追坂峠の国道沿いのアングルへ。
トップライトと酷暑のダブルパンチで撮影者はそう多くなく、終始平和な雰囲気の中お目当てが通過。
深緑に描かれたオレンジバーミリオンの真一文字はガキ鉄時代に通った中央山線の風景と重なり、撮影後はしばし感傷に浸ってしまいました。

三岐

2J3A8486.jpg
2018.1.20 三岐鉄道三岐線 北勢中央公園口-保々

被写体の減少に伴ってか、近年脚光を浴びつつある三岐貨物。
計11機の個性的なカマたちが長編成のセメント貨車を従える姿は実に魅力的で、関西に移ってからカメラを向ける機会を密かに伺っていましたが、最近はお目当てのED458が毎年除雪待機に回されてしまい悔しい思いをしていました。

そんな虎の子も今冬は久々に定期運用に充当されたので、運用を念入りに追い満を持して現地へ。
ガッスガスの空に閉口するもなんとか露出が持ち直し、念願だったシーズン只中の保々インカーブで無事一発卒業となりました。
プロフィール

ykmr

Author:ykmr
クサい文章を書いてみたくて始めたものの敢え無く挫折…
過去の作品を中心に気まぐれ更新でお送りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR